最新情報詳細

岩手県釜石と花巻温泉の旅に同行させていただきました(東京営業所)

2015-05-10 21.57.07ゴールデンウィーク後半、町田市東光寺様の団参にて、岩手県釜石と花巻温泉2泊3日の旅に同行させていただきました。
朝7時30分町田を出発、東北道をひた走り、18時30分頃、釜石に到着。途中、休憩、昼食も含めて約11時間、 約600km、長距離なので、ドライバー2名での運行です。今回は車イス利用の方がお二人。リフト付のバスが大活躍です。
町田市のプリンシプル自動車のベテランガイドさんと共に、バスの長旅を楽しんで頂きました。

20150506_105220翌日は 「釜石大観音」で開かれる『東日本大震災復興応援プロジェクト“縁”「京都から釜石」~祈るこころ生きる力~』の法要と、イベントに参加しました。
 
釜石市の石応禅寺様を中心に、京都市舞鶴市からも、ご寺院様を初めイベントに協力していただいたメンバーが集まり、地元の方々も参加して大変盛り上がりました。

 
「今年の漢字」でおなじみの京都清水寺の森清範貫主も、法要を厳修され、法要の後には被災地の復興を祈って、「縁」の一文字を一気に書き上げていただきました。森貫主は「こうして皆さんと縁で繋がっている。亡くなった方とも縁で繋がっている。縁は仏教の基本の考え方です」とご法話をいただきました。

 
午後は昔話の里『遠野』へ。
地元の河童おじさん(二代目)の方の楽しいお話を聞きながら、 遠野を散策。残念ながら河童には逢えませんでしたが。

 
二泊目は、花巻温泉『ホテル千秋閣』にて、お世話になりました。ご住職は車イス利用のため、『佳松園』のバリアフリールームにご宿泊でした。
今回2泊3日のツアーの準備、現場を体験して、バリアフリーについてほんの少しですが、勉強になりました。こちらが準備していた事が、実際に障害のある方が利用するときは、まだまだ考えが足りていなかったり、施設によっては、手すりの場所等が、全く意味が無い物であったり。
もっと、利用する方に寄り添って考えるべきであったと、反省の数々です。
20150507_094405
最終日は、世界遺産『中尊寺』と『毛越寺』を参拝、平日の午前中ということもあり、静かな伽藍を拝観しました。

帰り道は、3月1日に全面開通した『常磐道』を利用。途中、遠くの海側には原発の白い煙突も見えます。
津波の塩害も有り、田んぼや畑は実りがありませんが、空き地の所々にはゴミ袋が並んでいる場所が目立ちます。
高速道路上に、放射線量を表す電工掲示板が設置されていて、驚きました。

2015-05-11 21.51.21

 
釜石も福島も、復興に近づいている場所、まだまだ程遠い場所、それぞれに問題は有りますが、観光や参拝等で、皆様を現地にお連れすることで、少しでも復興のお手伝いに繋がるご縁が出来たらと、感じています。

 
今回も無事に終了いたしました。
ありがとうございました。

 
本社第二課 中山悦子