最新情報詳細

第63回・梅花流全国奉詠大会に研修添乗(東京営業所)

IMG_3729[1]今回、曹洞宗栃木県宗務所様『第63回・梅花流全国奉詠大会』の研修添乗員として行かせていただきました。

今年の第63回大会は、大本山總持寺二祖峨山韶碩禅師650回大遠忌があるため、大本山總持寺のお膝元・横浜での開催です。

栃木県の方は同じ関東での開催ということで、87名の方々に参加して頂きました。

朝8時すぎに会場に到着して、横浜のベイエリアをバックに写真撮影を行った後、まもなく大会の開始です。

IMG_3736[1]オープニングでは、横浜のシンボルでもある中華街をイメージして、横浜中華学校による中国獅子舞のユニークなパフォーマンスで盛大に始まりました。

登壇奉詠は、壇上に上がらない講員も各席から鈴鉦を用いて詠唱や作法をなさっており、壇上、客席の各議員が一体となって唱えられており、大変美しかったです。

大会全体でも、大きなトラブルがなくスムーズに終えることができました。

IMG_3742栃木に帰ってきた時には、とても美しい夕日がお出迎え。皆様バスの車窓から感激されていましたので、今大会をすがすがしい気持ちで終えられたと確信しております。

今年の梅花全国大会が無事終えることができたことに感謝。そして、来年の大会でも素晴らしい大会になるようにと、私自身がついつい夕日に拝んでしまいました。

また、来年も皆さまにお会いできますように・・・

東京本社・第1課 筑摩耀平