最新情報詳細

LCC搭乗記  マレーシアの格安航空会社 「エア・アジア」(東京本社)

IMG_2822 日中 機体IMG_2781 機内IMG_2797 KUL CHKINカウンターIMG_2800 ラウンジIMG_2804 カウンターIMG_2809 オフィス1

  6月19日(水)。初めてのLCC搭乗なので、少し不安で羽田空港に向かった。21:00、羽田空港国際線出発階全員集合(引率者:エア・アジアセールスマネージャ 中島豪州さん、各旅行社から参加者8名、計9名)。
  その後、アマデウス・ジャパンの石崎直子さんから、「アマデウス チケットレスアクセス予約方法」について説明を受けた。チケット代金の支払いは基本的にクレジットカードになる。
  22:00、搭乗手続き。チケットレスのため、パスポートだけでOK。
(チケットは予約・支払い後、航空会社からメールで知らせが来る)
普通の航空会社と違うのは、預け荷物は有料、事前予約で15kgおよそ2,000円。当日だと、少し割高のようだ。手荷物は7kgまで無料。少しでもオーバーすると超過料金がかかる。要注意!
 23:55、D7523便にてクアラルンプールへ出発。
 機材はエアバス330-300の最新鋭機、プレミアムシート12席、
エコノミーシート350席くらい。席の配列は横3-3-3で、前後のスペースは思ったより、余裕があって乗り心地はいい。
 ただ、LCCの場合、機内サービスは全部有料。機内飲食、ブランケット、タブレット(映画)など事前予約すれば、割引がある。当日の目安はミレラルウォーターは150円、機内食は600円前後。(飲食物の機内への持ち込みは基本的に禁止されている)
  朝05:30、予定より1時間早く、クアラルンプールLCCT(LCC専用空港ターミナル)に到着。入国後、有料ラウンジにて休憩。
 09:30より、「プラザ プレミアム ラウンジ」のアシスタントマネージャより、有料ラウンジの使用について説明を受けた。トランジット用のプランとして2、5、10時間などあり、2時間約3,000円。ちなみに、現在使っているLCCTは来年5月、クアラルンプール国際空港に移転する予定で、新しいラウンジの使用料は未定。
 その後、エア・アジア本社のセールスマネージャから団体予約及びコミッションについての説明を受けた。(旅行会社へのコミッションは検討中)
 簡単な昼食の後、空港にあるエア・アジアのオフィスを見学。働くスタッフの多さにびっくりした。
 14:30発 D7522に搭乗。ほぼ満員。
 23:00、30分遅れの羽田空港到着。解散。

東京本社・営業第2課 範(唐沢)